人気ブログランキング |

継承していくこと。

f0199627_16484723.jpg

何事もなく
無事に自治会長終えると思っていた
矢先のご自宅葬儀。

わからない事だらけで
一昨日の早朝から
ご飯やお団子のお手伝いに行ったり
昨日のお通夜や今日の告別式は
地区の長老の方々に
夫婦で色々アドバイスやサポートして
頂いてお手伝い終えました。

自治会長は夫婦で
お通夜も告別式も出席なので
突然の事で主人の職場の方にも
ご協力頂きました。

火葬場にはご親戚も皆様向かわれて
お帰りになるまでに
仏様のお膳を作り待機。

家を留守にできるのは
地区の方々との信頼関係があっての
事なのだとしみじみ感じました。

待つ間
高齢者や独居老人が増えてきて
地区の決まり事も
時代と共に変えていかねばならぬと
そういうお話しもあったり
無理なところは変えてでも
やれるもんでやらんにゃあいけんねと

地区は違うけど
すぐ近くの義父母の地区にも
風の神様が祀ってありますが


うちの地区はうちの地区の
風の神様と神社もあるので
総代決めもあります。

今日初めて知りましたが
神社の総代は代々それを
受け継ぐ家系の方がいて
その家系の方が高齢で
子どもは沖に(街へ)出ているし継げない、が繋いでいくには
他の者に伝えるしかないが
その家系以外で誰がその任務を
引き受けるのか…

風の神様も山頂にあるのですが
その管理も高齢の為に山頂まで行くのも大変で人出も少なく
移設もひとつの案でしたが
宮司様が
風の神様は高台にないと意味がないと

地区の抱える事情はなかなかすんなり
解決するものではありませんが…

継承してくださる方がいるうちに
繋いでいかないと
繋げられなくなると言われていました。

今日はいろいろ勉強になりました。



+cotton38*へ遊びに来てくださってありがとう。。。








****
by cotton38 | 2014-03-06 16:46 | home